本文へ移動

宇原神社神幸祭

  
宇原神社神幸祭は、「五穀豊穣」・「人畜平安」を祈り、嘉吉二年(西暦一四四二年)より、五百有余年にわたり、9月下旬から10月上旬に鉦卸し、連歌奉納祭、本社汐かき、例祭、山笠汐かき、神幸祭、当場渡しの順序で行われる一連の神事です。
神幸祭当日、宇原神社の御神輿が神幸場即ち旧宮所の浮殿の地(石塚山古墳の前、現在苅田町役場前広場)に御行幸されます。
一方、氏子14区が御神輿の供として、思い思いの意匠を凝らした飾り山笠を引き神事場に勢揃いする。
この「かんだ山笠」は福岡県の無形文化財に指定されています。

神幸祭次第

      8:30   出御祭
     9:00   出発  
     10:00   到着
     10:15   着御祭
      14:30   還幸祭 
     15:00   出発
     16:00   本社到着
     16:05   着御祭

内容

  神輿の行幸
祭当日午前9時頃、神職、氏子総代、神輿かき(氏子青年会)、御供人、鉾持ちなどが神社に集い祭典(出御祭)執行の後、神輿発輦所定の従者は所定の服装をして次の順序でついていく。
①塩湯祓②獅子頭③神職④社名旗⑤五色旗⑥辛櫃⑦太鼓楽人⑧剣鉾⑨太刀持⑩鋏箱⑪賽銭箱⑫巫女⑬祓串⑭御神輿⑮宮司⑯大傘⑰神職⑱氏子会長⑲総代⑳鉾持ち㉑殿
御神輿は楽の奏せられる中を厳粛にしづしづと宇原神社から御旅所へ向かって行幸される。その途中宇原神社御祭神に由緒ある「磯の上」の休憩所で少時御休憩なされる。それから御出発なされ、11時頃御旅所に御到着され、安置される。
この時から参拝者は踵を接して続々参拝する。
一方、氏子の各区では、御神輿の御供をするため飾り山笠(岩山)を出す。昼には御神輿の前に14基の山笠が勢揃いする。
 飾り山笠
神幸祭の当日午前2時頃から当場の人々は各区の山車の置いてある所(格納庫)に集まり、前日の幟山に使った山車に飾り付けを始める。山笠は合戦記や物語をテーマに巨大な岩や人形を飾った豪華かつ華麗な飾り山へと再び様変わりする。竹骨に着色紙張りの岩や波や美麗な御殿を飾り付け、五色の紙すだれを付け、人形数体を飾って演劇の場面を現出し、ホテ花を付け、山笠の胴体に色とりどりの幔幕を張る。この山笠は高さ10米、幅3米位のものである。
10時頃山笠は大人がつき子どもに引かれ神事場へ向かう。各区の人々は各区規定のマークを背に染めつけた法被を着用し、区毎の色鉢巻きをしめ、これに従っていく。当初からの慣習に従い、まず集区の山笠が出発して御神輿を迎えに行き、その先導をして御旅所に行く。それから協議の上決められた順番で南北両郷とも鉦太鼓を威勢良く打ち鳴らしながら神事場に行き、山笠14基は規定の順列に並び、その業を競う。
この時より、町内外の参拝者万余が集まり、多数の出店も出て雑踏を極め、賑やかな苅田神事の絵巻を繰り広げるのである。
 神輿及び山笠の帰還
午後3時頃、御神輿は14基の山笠と人々に見送られ、行幸の時と同じ行列で御還幸される。この時、多くの氏子区域を通り、大神等の御神威が届くように、また歓喜の中、御本社に到着される。
一方、山笠は御神輿に供奉し、練り合い競り合いをする。大正末期頃より、これが形を変え(山笠に車輪がついた)、千人近い若者達が入り乱れて駆け回り、荒々しく山笠をぶつけ合う(けんか山笠)。この祭のフィナーレを飾る。
近年、更に激しさを増した「けんか山笠」は、山笠と山笠を二重、三重、四重と衝突され、練り合う神事場と往還の道路は非常に危険な場所となった為、交通取締の名目で取締を厳しくして衝突を禁止している。
 
 
 
 

神幸祭の歴史

|  中世の宇原神社神幸祭 

宇原神社神幸祭の幕開けは、嘉吉2年(西暦1442年)6月29日、「国家安全・五穀豊穣・萬物平安祈願」のため、三つの神輿を昔の宮処、すなわち浮殿の地に行幸し奉ったことであります。
そこで式三番の神楽が行われました。この時氏子の村々(十ケ村)より出された「笠鉾(かさぼこ)」がお供しました。
神の一時的な旅でありました。
宇原宮の祭りは乱世の中で民衆の素朴に平和を求め、作物の実りや病気にならないことを願う気持ちで始まりました。
毎年怠りなく行われ、始まりから約150年後に変身をとげるのであります。

|  慶長の変革 

慶長2年(西暦1597年)8月15日、今までの祭りの形式(行幸式)を改め、「放生会(ほうじょうえ)」と称え行いました。これは宇原神社が一時的に八幡社を名乗った為です。
この年は「慶長の役」が始まった年であり、この時期に祭りの形式が大きく様変わりし、村々からは「鉾山(ほこやま)」が出されるようになりました。これが現在の「苅田山笠」と呼ばれるものの原点であります。
「灯山(ひやま)」、「幟山(のぼりやま)」、「飾り山(かざりやま)」と3回変わる鉾山の形式がこの時から始まりました。
これは氏子が神様に対する感謝の返礼と、神幸祭当日に備え、常に山笠を清浄に保ち神様をお迎えする為と言われています。

|  明治以降の神幸祭 

江戸時代の戦乱・飢饉などの困難を乗り越えた宇原神社神幸祭は、明治時代になって最大の危機に見舞われました。それは全国に電線が張られた事により山車・鉾山が運行できなくなったのです。これにより祭りそのものが出来ず、全国でかなりの数の祭りが消失しました。祭りの山車とはもともと空高くおられる神を降臨して頂く「依代(よりしろ)」と呼ばれるもので、少しでも高く作っていました。苅田の鉾山は「蝶番(ちょうばん)」により鉾山を途中で折ることによって、運行時には低く、浮殿に集まった時は折った部分を立てて従来の高さに戻るというアイデアで乗り切りました。
現在の「鉾山」の形はこの当時とあまり変わりがなく、明治末まで鉾山は氏子により担がれ、大正始めから鉾山に輪をつけひかれました。
神幸祭の次第も当時と同じであります。

|  日程 

慶長の頃より祭りは旧暦8月1日より始まり、8月15日で終わります。
これは、新月から満月。それも中秋の名月を最終日としています。月は古来より人々に様々な影響を与えてきました。
この苅田町は長大な海岸線を持ち、それも遠浅の海岸でこの時期の大潮は非常に高く、祭りが始まり徐々に潮が高くなり、月も光芒を増します。その自然のエネルギーが最大になる文字どおり最高潮の日に神幸祭が行われます。
 
月があり、太陽は「依代(よりしろ)」として「鉾山(ほこやま)」の頂点にあります。また「鉾山」は苅田の地を表しています。人間が生きていくための全ての必要条件がこの祭りに盛り込まれており、生きていけるのも神の御加護であるという事を表しています。
 
また宇原神社が御鎮座したと言われておりますのが、旧暦8月14日頃。神幸祭の始まりは旧暦6月でしたが、この最も厳粛な日(例祭)と神幸祭(お御幸神事)は合わせられ、例祭を無事に終えたことを記念した神賑わい神事の意味も込められました。
 
現在は中々氏子のご奉仕が旧暦のままで行うことが難しくなり、最終日の神幸祭を新暦の10月第一日曜日に変更されております。
※昭和39年まで旧暦で神幸祭が行われておりました。

飾り山

宇原神社神幸祭の最終日に登場致します「飾り山(かざりやま)」は形から「岩山(いわやま)」と呼ばれます。
この形は苅田の地形を表しています。苅田町は山は「岩山」(石灰岩)であり、また海の地であります。この「鉾山」は海も山も自然も全てが表現されています。これは近郊の祭りにはない苅田独自の形式であります。
宇原神社神幸祭の稀な三度変わる「鉾山」の形式は古来よりの、信仰で受け継いできた形を基本に、苅田独自に進化させていた素晴らしい文化財であります。
 山のつくりと意味

「鉾山(ほこやま)」は元々三つの部分から出来ております。
土台の部分が「ヤマ」。中心から上に伸びた柱が「ホコ」。
その先端部についているのを「ダシ」。それを「依代(よりしろ)」と呼び、最も重要な部分であります。
※「依代」とは神が引き寄せられてとりつく場所という意味であり、天より神が降りる目印です。
その部分は竹で編んだ「髯籠(ひげこ)」というかごでありました。この「髯籠」は日神を象ったもので、編み残しの髯は日の後光を意味します。

神幸守(じんこうまもり)

 
9月の始めから神幸祭当日まで授与致しております。神幸祭一連の神事が無事にご奉仕できるようお守りします。
社頭にてお求め下さい。(神幸祭当日は神幸場の御神酒所横にて授与致しております。)
 
 

鉾持ち神事(ほこもちしんじ)


当社では、その年に生まれた男の子の成長を願って、「鉾持ち神事」が行われます。
神幸祭当日、男の子は鉢巻きをし、鉾を持って、御神輿の行列と一緒に神幸場(苅田町役場)に向かいます。是非ご参加下さい。
 
ご参加をご希望の方、詳しい内容は当社までお問い合わせください。
 
 

苅田山笠

宇原神社神幸祭に御神輿の供として、氏子14区が思い思いの意匠を凝らした飾り山笠が出されます。
この「かんだ山笠」は、昭和51年4月24日に福岡県無形文化財に指定されました。
TOPへ戻る