本文へ移動

神前結婚式

結婚は人生の中で、最も晴れやかな節目の一つです。
国生み神生み神話で知られる夫婦神、伊邪那岐命・伊邪那美命の結婚にあやかり、
二人の結婚を神様に報告して、夫婦が幸福で、社会に寄与する立派な家庭を築けるようにお祈りします。
 
挙式まで
  • 期日が決定致しましたら、ご相談お問い合わせ下さい。
  • 挙式料は十万円からの御初穂料になっております。
  • 新郎・新婦以外のご親族は各10名程度ずつお席をご用意できます。(それ以上のご参列がある場合はご相談ください。)
  • 新郎・新婦お二人だけの結婚式も承ります。
  • 事前の挙式の説明や式場見学も承ります。
  • 新郎新婦様のご衣装に決まりはなく、平服での挙式も承ります。
  • 参列者控室、着付け室をご利用いただけます。(事前にお申し付けください。)
  • 尚、着付け等は行っておりません。
  • 当社には披露宴会場はございません。
  • 記念撮影の写真業者、披露宴会場はご自身でご手配下さい。(ご要望がございましたら、写真業者をご紹介致します。)
  • 十分な駐車場がございますので、お気軽に車でお越しください。
式次第
一、参進
   新郎新婦、ご神前へ進みます。
一、開式の辞
   神職が、開式の言葉を述べます。
一、修祓の儀
   新郎新婦、参列者のお清めのお祓いをします。
一、祝詞奏上
   二人の新しい門出を祝う祝詞を神様に申し上げて、神様の御加護をお願い致します。
一、新郎新婦固めの盃
   新郎新婦が大・中・小三つの盃に注がれた御神酒をくみ交わし(三三九度)、縁をより深め、一生を共にするという誓いをいたします。
一、新郎新婦誓の詞奏上
   お二人の永遠の契りを約束し、神様の前で誓い申し上げます。
一、新郎新婦玉串奉奠
   新郎新婦はそれぞれ玉串を奉り神様のご神徳を授かります。
一、指輪の交換
   指輪の贈呈、もしくは指輪の交換をいたします。
一、親族代表玉串奉奠
   両家親族代表の方はそれぞれ玉串を奉り、新郎新婦の幸せの行く末を神様にご祈念いたします。
一、親族固めの盃
   新郎新婦のご多幸、ご両家の弥栄をご祈念し、固めの盃を交わします。
一、閉式の辞
   神職が、閉式の言葉を述べます。
TOPへ戻る